ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

わかってる、わかってる

 ジャクソン・ブラウンとデヴィッド・リンドレーの1975年メイン・ポイントでのライヴ音源が無料でダウンロードできたので、今朝早速聴いている。この時期のこの2人の演奏なら悪かろうはずもない。ジャクソンのオリジナル曲の他にも、ウォーレン・ジヴォンやリトル・フィートやボニー・レイット等の曲もカヴァーしている。3時間近くあるから、時間を作ってゆっくり聴こう。

 「バラカン・モーニング」が、今月いっぱいで終了すると聞いて驚いたけど、結局そうなっちゃうのかとも思い、残念な気持ちだ。音楽を取り巻く環境が大きく変わっていく中で、広告ありきの業界のシステムはそう簡単には変わらない。昔のやり方では自由に音楽をかけることも難しいということなのだろう。やりたいことは自分のお金でやるしかないのかな。インディーズだぜ。

 昨日はじっくり音さがしをしようと、そのための時間を用意したのだけど、自転車のブレーキ調整に思いのほか戸惑い、パソコンまで壊れて四苦八苦(よく壊れるなぁ)。最終的にはどちらもどうにかなったんだけど、気づけば夜はとっぷりと更けていた。「あー、ちくしょう。もういいや。馬鹿馬鹿しい」とつぶやき、レッド・ツェッペリンを聴いてふて寝した。

 こういうことがあると調子が狂うけど、まぁ、珍しいことでもない。人生は予期せぬ小さな出来事の連続だ。そういうものだと思えばいい。焦ってカリカリしてたら、いい音楽には出会えない。気づかずに横を通り過ぎていくことになる。

 僕は生活の中で音楽をさがしている。その感覚を大切にしたい。わかってる、わかってる。じっくりいこう。

 MIYAI

[PR]
by sandfish2007 | 2014-09-16 07:05 | diary | Comments(2)
Commented by アラン・ボブ at 2014-09-16 17:38 x
私も先日、久方ぶりにブートを、ジャクソンの2アイテムを買ったところです(73年のライヴCDと、76年、78年のライヴDVDと、78年のライヴCDのセット)。
それだけ買うと、04年のライヴCDをおまけでくれました(2枚組ですが、ケースに1枚しかCDが入ってないので)。
その日は特別なライヴらしく、ゲスト多数で、最後にスプリングスティーンが出てきて、ジャクソンと「テイクイットイージー」を共演します。
少しだけですが、スプのワイルドな歌声を聴くことができます。
Commented by sandfish2007 at 2014-09-17 06:36

◇アラン・ボブさん
すごいボリュームですねー。心おきなくジャクソン漬けになれそうです。どれも興味深そう。聴いてみたいです。2004年のそのときのライヴは、映像で観たことがあるかもしれません。もう随分昔のことなので曖昧ですけど。ジャクソンのまっすぐな歌声は、いつ聴いても新鮮ですね。
<< 不惑とは言えそうもない 味噌汁やサラダのように >>