ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

クマガイマコト with 山口洋@バー・ケインズ

 昨夜はクマガイマコト with 山口洋@バー・ケインズ。「どんな夜だったか?」といえば、終演後にCDやグッズが飛ぶように売れていたことからもわかるように、つまりはそういう夜だったということ。心が通っていた。素晴らしかった。

 クマガイくんは独特の世界観とパーソナリティーをもったミュージシャンで、それは彼の作る歌や彼の歌い方によく表れている。で、こんな言い方をすると偉そうで恐縮なのだが、前回観たときよりも上手くなっていた。それは腕をあげたとか、表現力が深まったとか、そういうことよりも(そういうことでもあるのだけど)、吐き出す熱量があがったのだと思う。その温度が僕らの心の扉を叩き、温め、いつか胸焦がすような演奏を聴かせてくれるかもしれないという可能性を残していった。だから、みんなCDを買ったのだと思う。

 ヒートウェイブの山口洋さんが、全曲でエレクトリック・ギターを弾いた。火を噴くような演奏から、波の中に漂う必殺の一音まで、圧倒的な存在感を放っていた。そして、最後に1曲だけ歌ってくれた。それはクマガイくんに向けた歌であり、総じて言えば、僕らみんなに向けた歌でもあった。CD販売にも貢献。素晴らしい。

 個人的には千葉から友達が観に来てくれたのが嬉しかった。きっとなにかを感じてくれたと思う。僕がなにをしたわけじゃないのだけど、せっかく遠くから来てくれたので、そう思えるライヴでよかった。久しぶりに呑んで話せて楽しかった。

 心満たされたいい夜だった。DJをやらせてもらえたことにも感謝を。帰り道、肩にかけた大量のレコードを重く感じなかった。幸せな夜とはそういうものなのだろう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-01-10 07:36 | diary | Comments(0)
<< フェイドアウト 引き締めよう >>