ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

しみじみいい

 僕がよく呑みに行くとある酒場は往々にして男率が高いので、割と多くの場合、僕らは男同士で語らい、男同士で音楽を聴いている。でも、昨夜は「ダメ女ナイト」というイベントだったこともあり、いつになく女率が高かった。

 かつて「ダメ男」は僕らの重要なテーマだった。しかし、このテーマもいつしか旬を過ぎ、新鮮さを失い、その役割を終えていった。何度か回を重ねた「ダメ男ナイト」も開催されなくなった。

 そしたら今度は「ダメ女」の時代がやってきた(…のかもしれない)。昨夜は4人の女DJが、なんの縛りもなしに好きな曲を自由にまわした。年齢もほど近い4人だったが、かける音楽は四人四様。半分以上は初めて聴く曲だったけど、そんなところも逆に新鮮で、僕はどのセットも楽しかった。

 で、終わってみて思ったのだが、女DJ達がかける音楽は女々しくなかった。どちらかといえば、凛として、シャキッとして、自立していた。それに比べると、僕らはうつむきがちで、自虐的に笑い、すぐにしみじみしたがる。男の方が女々しいとはよく言われることだけど、かける音楽にも表れるもんだなぁと気づいたのは、ちょっとした発見だった。

 そんなわけで、今朝もジャクソン・ブラウンを聴いている。昨夜、音響屋のアニキがジャクソンの話をしてたから。やっぱりしみじみいい。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-01-12 09:50 | diary | Comments(0)
<< 先延ばしにしない フェイドアウト >>