ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

この世界の一部

 ブライアン・ウィルソンとヴァン・ダイク・パークスの朝靄のような歌が流れる朝に、いただきもののパンをかじった。夜明けを迎え、目を覚まし、動き出す。元気なうちはそれを繰り返すことになる。今日もいつものように朝はやって来て、僕は手を替え品を替えしつつも、割といつもと同じようなことをしながら過ごしている。そんなものだけど、たまに不思議な気持ちにもなる。

 昼間は仕事をし、夜は好きなことをして過ごすのだけど、昔ほどやりたいことが明確じゃないから、時間がなんとなく過ぎていったりする。それがいいときもあれば、あまりよろしくないなと思うこともある。で、眠くなれば寝る。朝が来る。起きる。動き出す。その繰り返し。そんなものだけど、やっぱりたまに不思議な気持ちにもなる。

 窓の外の木に朝陽が当たって、葉がまぶしく光っている。朝になれば太陽が世界を照らし、大地と空気を暖めてくれる。それを思うと、目が覚めて、起きあがり、動き出すのは、極々当たり前のことなのだなと思える。僕もこの世界の一部なのだなと。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-01-14 07:46 | diary | Comments(0)
<< 生き抜いていこう 先延ばしにしない >>