ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

生き抜いていこう

 根がおめでたいというか、いい加減というか、自分の言ったことをよく覚えていない。先日、大学時代の友達から、かつて自分がこんなことを言っていたと聞いた。「僕は中学や高校の頃から惑っていない。きっと惑わない人というのは案外そういうものじゃないかな」。なんとも偉そうなことを言ったものだ。そのときはまったく思い出せなかったのだけど、後になっておぼろげに記憶が蘇ってきた。言われてみれば、確かにそんなことを言った気がする。

 中学生のときにビートルズを聴いて「さぁ、これからは自分らしく生きていくぞ」と心に決め、ブルース・スプリングスティーンを聴いて具体的な生き方の指針のようなものを学んだ。それ以来、基本的に僕は現実にさほど右往左往することなく、その考え方に沿って生きてきた。つまり、自分らしくあること。そのためには自由でいること。しなやかだったとはとても言えないが、おかげで、物事がうまくいかずとも、かつかつの生活をしていても、迷子になることはなかった。

 もしかすると、それは今でも変わっていないのかもしれない。ただ、自分の中での自由の意味は少しづつ変化していったし、今は自分らしさがどういうことなのかを、改めて考え直している。…なんて言うと、ちょっとした思春期みたいだけれど。

 惑ってるとは思わない。でも、考えている。大切なのは何かを学んでいるかどうかだ。まだ先は長い(と思う)。生き抜いていこう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-01-15 08:01 | diary | Comments(0)
<< タワーレコード藤沢店にサンドフ... この世界の一部 >>