ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

りぶさん@Bar Cane's(2015.1.18)

 昨夜は、りぶさんというトリオのライヴを観に「バー・ケインズ」へ。りぶさんのことはずーっと前からいろんな人に「いいよー」と聞いていて、いつか観てみたいなぁと思ったまま10年あまりがたってしまった。で、やっとこ観たりぶさんのライヴ、これが本当に楽しかった。僕はけたけたと笑いながら、気持ちのいい歌と演奏に体をゆらゆらと揺らし、「こんなに楽しいならもっと早く観に来ればよかったなぁ」と思ったのだった。

 ハートマークの変なパンツをはいたリーダーは、素晴らしいトーンのギターを弾き、生き急ぐような速さでマンドリンを鳴らし、ずっこけるようなトロンボーンを吹いた。清潔な農民のようなヴォーカリストは、野太い声でソウル・マナーのシャウトをし、農民らしい実直さで切々と愛の歌を唄い、自分で言った冗談にひとりでウケていた。爆発キャラのベーシストは、数々の変顔を繰り出し、ブンブンと唸るベースでバンドに最高のグルーヴを与え、来たる節分に向けて恵方巻きの替え歌を披露した。3人とも歌えるのは彼らの最大の強みで、3人の声が合わさるとその音楽は広がりをみせ、一段高い場所へと引き上げられた。

 そんなライヴをたっぷり2時間以上、笑ったり手を叩いたり声をあげたりしながら楽しんだ。終演後もハッピーな空気は店内に余韻として残りつづけた。僕も気持ちがふわふわし、自然と杯を重ねていった。で、気がつけば午前2時。財布はからっぽ。ははは…。

 そんなわけで今朝はたっぷり寝坊し、さっきりぶさんのCDを聴きながら遅い朝食を食べたところ。あー、楽しかった。また観に行こう。

 MIYAI
f0182140_1122463.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2015-01-19 11:23 | diary | Comments(0)
<< なぜだ? どうもありがとう >>