ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

けっこう大変なこともあるのだ

 基本的に僕はお金がなくてもさほど気にする事なく生活できる方だと思う。これは長年の貧乏生活で培った素養とでもいうもので、ビートルズが言うように愛はお金じゃ買えないわけだし、お金があったって幸せになれるとは限らない。それなら、わずかなお金の為にあくせくして心がすり減ってしまったらしんどいので、どんな場合でもお金は二の次くらいに考えてた方が楽しいんじゃないかなと思ってたりする。別に貧乏を楽しんでいるわけではなく、ただやり過ごせるというだけだけど。

 しかし、そんな僕でもポール・マッカートニーが来日したときだけは、「あぁ、もうちょっとお金があればなぁ」と痛切に思うことになる。もしポールが来たら、東京公演はすべて足を運びたいし、できれば大阪あたりにも足を伸ばしたい。ポールの来日なんてそうそうないことなのだから、いざとなればそれくらいはいいでしょうと思っていた。ところが、一昨年に11年振りの来日を果たし、僕もけっこうがんばってやりくりして観に行ったら、昨年まさかの再来日。「うー」と呻きながらもどうにかやりくりしたときには、けっこう心が擦り減っていた。で、まさかまさかの公演中止でぽっきりと折れた(お金は戻ってきたけど)。

 そんなポールが、今年またやって来るとの噂がまことしやかに流れている。本人がインタビューで語ったことで俄然信憑性が高まった。とても嬉しい。嬉しいのだが、またあのやりくりが始まるのかと思うと、「はぁ…」と溜息のひとつくらいはついてしまう。がんばりすぎて心が擦り減っては、せっかくのポールのライヴを楽しめなくなる。だから、今回はあまりがんばり過ぎないようにしようと自分に言い聞かせている。あまり背伸びせずに、身の丈でポールの来日を楽しめたらいいなと思っている。できるかなぁ。どうかなぁ。

 長年熱心なファンをつづけていると、それはそれでけっこう大変なこともあるのだ(わかってもらえないかもしれないけど)。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-01-21 07:36 | diary | Comments(0)
<< パネル完成 なぜだ? >>