ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

リクオ with ホーボー・ハウス・バンド@下北沢ガーデン (2015.1.30)

 リクオ with ホーボー・ハウス・バンド@下北沢ガーデン。たっぷり2時間30分、笑顔と解放感に溢れた夜だった。ストリングスを含めた総勢8名によるバンドの演奏は、ライヴハウスという狭いステージならではの親密さで、ほどよい緊張感を保ちながら終始ラフな表情を見せた。

 きっとリクオさんには日頃のソロや少人数でのライヴとはまた違った気持ちがあったのだろう(と、勝手にそう思っている)。この夜が、お客さんにとっても、バンドにとっても、そして自分にとっても、日常から解き放たれた瞬間の連続になるようにと、いつも以上に心を配っていた気がする。それは時折見せる力技というか、マンパワーで音楽全体を引っぱり上げるような演奏からも感じられた。「ハッピー・デイ」のファースト・ヴァースでの力強いヴォーカル、「光」での圧巻のピアノ・ソロ、そして笹倉慎介くんが歌った2曲でのバッキング等でも、それは感じられたことだった。

 そして、リクオさん自身が解放されることで、僕らも解放されていった。音楽を奏でるその瞬間に注がれたエネルギーが興奮を生み出していた。ある一瞬に見せる意を決したような表情、歌声の力強さ、シャウトが、僕らの心を鼓舞し、勇気を与え、解放した。それはロック・ミュージックならではの美しい循環で、あとは流れに身をゆだねるだけでよかった。コーラスの真城めぐみさん(ヒックスヴィル)が歌った「皆既月食」は、そんな雰囲気を作り出すいいきっかけとなっていた。

 本当に楽しいことは自分だけじゃなく、みんなで共有しないと実現しない。そのようなことをリクオさんは言っていた。昨日の演奏はまさにそんな夜にしようという意志に溢れていた。素晴らしかった。バンドも。リクオさんも。そして多分、僕らも。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-01-31 07:55 | diary | Comments(0)
<< お祝いの夜 昨日はポール、今日はリクオ >>