ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

味噌を作っていた

 寒い夜、妻が「海樹」での味噌作りに参加するというので、ちょうどアルバイト代が入ったのをいいことに、のこのことついて行った。参加者は4名(女3人、男1人)。大量の大豆を茹でて、つぶして、塩と米麹と茹で汁にまぜて、こねて、それらしくなったところで持参した容器に入れていく。空気を抜くために叩き付けるようにして入れるのがコツ。麹の効果で手がすべすべになるのも楽しい。

 …と、ここまで書いておきながら、僕は参加していない。大豆が苦手なのだ。とりわけ茹でた大豆はお断りなのだ。匂い立つ大量の豆を手作業でつぶしていくなんてインポッシブルだ。というわけで、僕は女達が(男もいたけど)味噌作りをしている声を背中に聞きながら、カウンターで熱燗を呑み、ヤリイカの刺身をつまんでいた。かっこいい。

 昨夜の味噌が食べられるようになるのは、寒く厳しい冬が終わり、芽吹きの春を迎え、新緑のまぶしさに目を細め、鬱陶しい梅雨に耐え、輝く夏が訪れた頃。きっと美味しい味噌汁をいただけるはず。楽しみだな。僕が作ったわけじゃないけど。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-02-14 07:35 | diary | Comments(0)
<< また会いましょう だいじょうぶ >>