ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

なんだかすみません

 きりっと冷えた(でも、確実にゆるんできてはいる)2月最後の日の朝。キッチンに座り、なぜか80年代のシカゴを聴いている。はて?なぜだろう?

 昨晩からのことを振り返ってみる。友人がリチャード・トンプソンのライヴを観に行っているのを知り、「わぁー」と思ってリチャードの名盤に手を伸ばすも、はたとヴァン・モリソンが聴きたくなり、棚からヴァンのCDをごっそりと引っぱり出した。聴きながら苦虫を噛んだような顔で焼酎を呑んでいると、妻が帰ってきた。コップにねぎらいのビールを注いで乾杯し、僕は風呂へ。あがると、妻はうら若き友人からの結婚報告に興奮し、「ほんとに良かったねぇ…」と言ってはさめざめと泣く親戚のおばさん状態になっていた。その子が随分苦労してきたことは僕も聞いていたので、ヴァン・モリソンのCDを棚に戻し、ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』を引っぱり出して、「素敵じゃないか(原題;Wouldn't It Be Nice)」を聴きながら祝杯をあげた。そして、当時のビーチ・ボーイズとビートルズのクリエイティヴなライバル関係を妻に滔々と語って聞かせ、「ね、すごいでしょ。そういうことだから、次は『サージェント・ペパー』を聴こうね」と意気揚々にかけると、数曲で妻は寝室へと消えていった。僕は音を絞って『ペパー』を最後まで聴き、気がついたらソファーで寝落ちしていた。

 そして朝を迎え、今は80年代のシカゴを聴いている。…ん?なんでだろう?少しも関連性がないじゃないか。なんだかすみません。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-02-28 09:03 | diary | Comments(0)
<< 呑み屋の言うことは正しい 今日からまた >>