ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

まだ先は長い

 僕に定年などないのだけど、アルバイト先のビルに入って行く人達を眺めながら、ふと「俺も60歳まであと15年か」と思った。そこで15年ってどれくらいの長さなんだろうと考え、それが30歳から現在までの長さと同じだと気づき、自分のこの15年間を瞬時に振り返って、「なんて長いんだ…」と呆然した。60歳はまだまだ先のようだ。で、もしも無事でいられたら、その先も人生はつづくことになる。

 若かった頃、「少しはまじめに将来のことを考えろ」と言われたことがある。僕だって考えてはいたが、まじめに考えていたのかと言われると自信がもてず、「そうだよね…」と返す言葉もなかった。でも、その頃は先が長過ぎて、まじめに考えること自体が滑稽にも思えた。だって、先の事なんてわかりっこないのだから。

 そういう意味では、今の方が考えやすい。自分にできそうなこととか、やるべきことが、若かった頃よりははっきりしている気がする。あとは努力するかどうか。周囲の雑音を振り払えるくらいピュアでいられれば大丈夫なはず。がんばってみよう。

 そして、もっとずっと先、自己満足だけじゃなくて、誰かに対してとか、この世界に対してとか、音楽に対してとか、何か意味のあることをしたねと思ってもらえるような人になっていたい。まだ先は長い。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-03-14 07:30 | diary | Comments(0)
<< 事情の変化 ぼんやり >>