ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

失われたラーメン屋と失われた夢

 昨夜のこと、雨が上がったのを確認すると、僕は自主的に仕事に区切りをつけ、ジージャンをはおって馴染みのバー「ロケット・デリ」までお酒を呑みに出かけた。店の扉を開けると、なんとなくいるんじゃないかなぁと思っていた友人がカウンターで呑んでおり、少ししてからなんとなく来るんじゃないかなぁと思っていた友人がやって来た。僕らは部活の話をし、パン屋さんの話をし、カレーライスの話をし、コピー文化について考察し、魚釣りのざっくりとした計画を立てた後、話題は佳境ともいえる「失われたラーメン屋」へと移っていった。

 友人が主張するそのラーメン屋は、僕が住んでいるすぐ近所にあるという。しかし、話を聞けば聞くほど、そんなラーメン屋は存在しない。「ないよ」と僕が言うと、「ありますよ。半年くらい前にも食べた」と友人は言う。そこで僕も「そうなの?じゃ、あるのかなぁ」くらい言えればいいのだけど、なぜか言えない。「いや、ないものはない!」と突っぱね、「あるものはある!」と友人も引き下がらない。ザッツ酒場の会話。0時をまわっても話は終わらず、マスターからは「宮井さんも引かないっすねぇ」と言われ、遅くにやってきた別の店の店主は「なんでそんな話になったの?」と友人に訊ねた。で、最終的には「かつてはあったのだろうが、今はない」というところで一応の着地をみたのだった。ラーメン450円、ギョーザ500円のお店だったという。僕の家から徒歩5分。店があった場所は、1週間ほど前に更地になっている。失われしラーメン屋。復活を願う。

 そんな酔い覚めの朝、起きるとポール・マッカートニーの武道館公演が決定していた。だが、僕の心は踊らなかった。かつて、武道館でポールのライヴを観るのは夢だったが、昨年のどたばたで(高額過ぎるチケット、平日の昼間という開演時間、あまりに直前での発表だったこと等々。結果的にポールの急病により公演中止)、僕のその夢はスポイルされてしまったのだろう。チケット代が昨年と同額であることだけを確認し、僕は行かないことに決めた。昨年は会場から漏れてくる音だけでも聴きに行こうと思っていたけど、今はその気持ちもない。なにかの間違いでチケットが安く入手できない限り、足を運ぶことはないだろう。失われた夢。ある意味、すっきりしている。昨年よりも気持ちはずっとすっきりしている。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-03-20 08:00 | diary | Comments(0)
<< Voices Inside 7周年 ルシド・ドリーム >>