ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

まぎらわしいですね

 さてさて4月になりました。今日はエイプリル・フールです。気の利いた嘘が思いつかない僕は、仕方がないので真正直でいようと思います。それにしても、新年度の最初に嘘をついていいなんて、一体誰が考えたんでしょうね。

 思い返せば、これまでたくさんの嘘をついてきました。そのほとんどを忘れてしまいましたが、自分を守るためについた嘘や、自分を良く見せようとしてついた嘘は、なぜか忘れられずに今でも覚えてたりします。きっとうしろめたいのでしょう。不意に思い出すと身悶えします。やっぱり嘘なんてつかないにこしたことはありません。

 楽しい嘘もあった気がするし、罪のない嘘もあったと思います。そのうちのいくつかは、誰かを笑顔にしたかもしれません。でも、嘘には実体がないから、忘れてしまうのでしょう。かつて僕がついた嘘を、今もどこかの誰かが本当のことだと信じているとしたら、やっぱり少しうしろめたいです。

 きっと僕も誰かがついた嘘を嘘だと思わずに今も信じてたりするのでしょう。その嘘はこれからも暴かれることがないのかもしれません。でも、あることがきっかけで「あれは嘘だったのかな?」と気づく日がくるかもしれません。僕の嘘も。あなたの嘘も。

 嘘をついたら、それが嘘だと認めるまで、嘘をつきつづけることになるといいます。「だから、正直でいる方がずっと楽なんだよ」とキース・リチャーズは言いました。確かにそうかもしれませんが、そうじゃないかもしれません。だって、誰がなにを言ったかなんて、けっこう忘れちゃうものだから、そんな大事には至らないことがほとんどという気もします。僕の嘘も。あなたの嘘も。よかったよかった。

 あと、歳を取ると勘違いとか思い違いが増えてきます。自分にも既にその傾向が見られます。なるべく嘘はつかないようにしたい思ってますが、時として「あいつまた嘘ついてるよ」と思われるかもしれません。でも、そういうつもりではないかもしれません。単なる勘違いかもしれません。思い違いかもしれません。なんだかまぎらわしいですね。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-04-01 07:39 | diary | Comments(0)
<< シンシア 春の便り >>