ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

美しい朝

 すくっと午前5時半に起床。たまった空き缶を出し、近所を無目的に徘徊。それからマンション(6階建て)を上から下まであやしく徘徊。森の緑と空の青で目を保養。澄んだ空気で肺を換気。肩甲骨をぐりぐりと動かして体幹を調整。ラジオでビートルズを聴いて心を高揚。

 ひとまず順調なすべり出し。早起きはいいもの。美味しい朝食があれば尚いい。

 マンションの5階まで上がると、屋根に触ることができる。6階は封鎖されており、そこから先は入ることができない。僕は屋上に出たいのだが、その思いは叶わないので、仕方なく5階の屋根を触って部屋に戻ることになる。いつか屋上から自分が住む町の景色を眺めてみたい。ささやかな願い。

 昨夜は、ポールの大阪公演に心を寄せながら、テレビでベイスターズ泥沼の7連敗を見届けた。大学時代の友達が山登りの道具を借りに来た。マンションの前で立ち話をしていると、職場で野球を観てた妻がすごすごと帰ってきた。

 僕らはキッチンのテーブルに座り、ビートルズを聴きながら、9回表の失投について語り合った。それからボールを使って変化球の話をあれこれとした。大阪ではポールがライヴを行い、横浜ではベイスターズが7連敗を喫した夜。僕らは日付が変わる前に床に就いた。

 そして朝はやってきた。美しい朝だった。生きている限り、誰にでも平等に朝はやってくる。ポールにも、筒香にも、こんな僕らにも。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-04-22 06:48 | diary | Comments(0)
<< あと10時間 夢の1週間 >>