ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ふわふわ

 昨夜の興奮とか余韻とかそういうものが冷めやらぬ朝。ポールのライヴとアルバイト。このふたつの間にある溝を果たしてどう埋めたらよいものか。はてさて…。

 一番の上の端から端までびっしりと埋まった満員の東京ドーム。東京初日ということもあり、開演前からスタンドではウェイヴを起きる等、会場全体が期待感に包まれる中、ポールとバンドが登場。特別な夜は幕を開けたのだった。

 今回の日本公演が今年のツアー・スタートということもあり、ポールの声もバンドの演奏も70%の仕上がりだったと思う。しかし、そこは長年連れ添ったバンドだけあり、お互いをうまくサポートし合うことで、バンドの一体感がびしびしと伝わってきた。ポールは声が出ない部分をヴォーカル・テクニックでコントロールしていき、そうした不安をまったく顔に出さないところが、逆にもの凄くかっこよかった。

 あっという間の2時間40分。今回もポールは一切水分をとることなく歌い切った。僕は放心。夢心地。仲間と合流し、祝杯をあげ、ふわふわとした足取りで帰宅。一夜明けても、なんだかまだ夢の中にいるようだ。

 では、アルバイトへいってきます。あと2回ポールに会えるのか。あぁ…。

 MIYAI
f0182140_863418.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2015-04-24 08:07 | diary | Comments(0)
<< ポールのライヴ2日目の朝に思う あと10時間 >>