ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

連絡が取れない

 音さがしの旅。最近出したオファーは2回つづけてまとまらなかったけど、懲りずにつづけている。幸いまた素晴らしい作品に巡り会うことができた。とにかくセンスがいい。アルバムは統一感をもたせながらも、それぞれの曲の表情はバラエティに富んでいる。ジャケも素敵だ。「これはいいぞ」と僕はいつものように興奮し、そのアーティストのことを調べ始めたのだが、なんとまったく情報がない。

 完全な自主制作で、おそらく音楽が本職ではないのだろう。どこのレーベルにも所属しておらず、個人のホームページも持っていない。ソーシャル・ネットワークをさがしても見当たらない。つまり、連絡が取れない。むーん…。こんなことは初めてだ。というわけで、またもや頓挫。今回はオファーを出すことさえできなかった。まぁ、仕方がない。次をさがそう。

 とはいえ、さすがにストレスがたまってきたので、気分転換に妻が図書館から借りてきた本を読んだ。伊坂幸太郎の『あるキング』。弱小プロ野球チームを軸にした物語で、引き込まれるようにして一気に読んだ。そして、(毎度のことながら)つくづく感心させられた。どうすればこんなに次から次へと面白い話が思いつくのだろう。一度伊坂氏の頭の中を覗いてみたいものだ。

 本を読んで、ぐっすり寝て、気分も晴れた。明日はチケットをいただいたので、最近強い元弱小チームを応援しに行こう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-05-27 07:08 | diary | Comments(0)
<< 選択肢は常にある 寝耳に水 >>