ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

運がよければ

 朝っぱらからせっせと懸賞の応募をする。野球とサッカーの観戦チケットを中心に。あとは県内の温泉施設の招待券とか。来たる夏に向けて。ひとつでも当たると嬉しいのだが、さて?

 僕はあまりクジ運がいい方ではない。懸賞なんてハズレるのが普通だと思うので特に悪いとも思ってはいないが、いいと思う根拠はどこにも見当たらない。昔々、大学受験の為に浪人していたとき、試験本番まであと1ヶ月というところでポータブルCDプレーヤーが当たったことがある。すごい倍率での当選に僕は飛び上がらんばかりに喜んだが、同時に「これで運を使い果たしてないか?」と不安にもなった。案の定、受験は無惨な結果に終わり、そのポータブルCDプレーヤーもしばらくして壊れて動かなくなった。なにがいいかなんて、長い目で見ないとわからないものだ。

 物をもらっても、壊れたり時代遅れになったりして、遅かれ早かれゴミになる。それなら、野球を観に行ったり、温泉につかってる方がいいのかもしれない。もしかしたら、それが心に残る想い出となり、折に触れて僕の胸を温めてくれるかもしれない。それこそ運がよければ。

 毎年夏の到来を心待ちにしているけど、特別なことがあるわけではなく、いつも通りの日々を過ごすだけ。でも、なにかが起きるかもしれない。そんな気持ちで懸賞に応募するのも、まぁ、悪くないのだ。

 MIYAI 
[PR]
by sandfish2007 | 2015-06-06 07:36 | diary | Comments(0)
<< ジョギング 雑にならないように >>