ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ジョン・リーゲン『ストップ・タイム』(Jon Regen / Stop Time)

f0182140_781261.jpg

 ニュー・リリースの詳細が決まりましたので、お知らせいたします。ニューヨークのシンガーソングライター=ジョン・リーゲン、4年振り待望の新作です。今回もジョンらしいリリカルなピアノと、胸に沁みる美しいメロディが満載の1枚に仕上がってます。プロデュースはミッチェル・フルーム(ロン・セクスミス、スザンヌ・ヴェガ、ロス・ロボス、エルヴィス・コステロ、ポール・マッカートニー、リチャード・トンプソン、コアーズ等々、数多の有名アーティストを手がけている名プロデューサー)。バックを務めるのは、エルヴィス・コステロとの活動で知られるピート・トーマス(Dr)とデイヴィー・ファラガー(b)。完璧な布陣であります。これで悪いわけがない…。

 通販サイト『Sandfish Records Shop』では、昨日から予約受付を開始しました。試聴もできるようにしてあるので、ぜひ聴いてみてください。発売は2015年9月2日。価格は2,500円(税込)。弊社にてご予約いただいた方には、先行で8月下旬にお届け予定です。

<プレス・リリース>

●Jon Regen『Stop Time』
ジョン・リーゲン『ストップ・タイム』

4年振り対応の新作が完成!

・プロデュース; ミッチェル・フルーム
・ドラム; ピート・トーマス(エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ)
・ベース; デイヴィー・ファラガー(エルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズ)

ジョン・リーゲンの4年振りとなる新作『ストップ・タイム』は、穏やかな幸福感に満ちている。つらい別れをモチーフにしたハートブレイク・ソングのコレクション『レット・イット・ゴー』(2008年)は傑作だったし、そこから一歩足を踏み出した前作『レボリューション』(2011年)はバラエティにとんだ楽曲が魅力だった。今作は、そこからさらに一歩進み、遂に手に入れた幸せを静かな語り口で歌い綴っている。成熟した大人の視点で描かれるソングライティングは秀逸で、これまで過ごしてきた時間への追慕と、未来への希望が同時に伝わってくる見事なものだ。

アルバム全体を通じて過度な感情の起伏を意識的に押さえており、落ち着いた趣きのトータル・アルバムといった印象になっているのは、プロデューサーであるミッチェル・フルームの手腕と言えるだろう(ロン・セクスミス、スザンヌ・ヴェガ、ロス・ロボス、エルヴィス・コステロ、ポール・マッカートニー、リチャード・トンプソン、コアーズ等々、数多の有名アーティストを手がけている)。バックを務めるピート・トーマス(Dr)とデイヴィー・ファラガー(b)は、主にエルヴィス・コステロ人脈で知られる名プレーヤーだが、ミッチェル・フルームが近年シンガーソングライター系の作品をプロデュースするときに最も重用している2人。チームワークは完璧で、ジョンの歌を中心に据えた素晴らしいサポートをしている。

全曲がジョン・リーゲンによるオリジナル。どの曲もトリオ編成のシンプルな演奏から独特の空気感を生み出している。ジョンが得意とするソロでのピアノ弾き語りも2曲収録。アルバムの隅々まで丁寧な気配りがなされており、末永く愛聴できるエヴァーグリーンな作品に仕上がっている。

 品番:SFR-009
 税込価格:¥2,500
 税抜価格:¥2,315
 発売日:2015.09.02
 ライナーノーツ:宮井 章裕
 歌詞対訳:佐藤 幸恵

http://sandfishrecords.shop-pro.jp/?pid=92035897
[PR]
by sandfish2007 | 2015-07-24 07:13 | diary | Comments(0)
<< いつかまた かっこいいと思いませんか? >>