ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

夏の夜

 なにやら暑い夜がつづいている。扇風機を回しっぱなしで寝ているのだけど、目が覚めるとほぼ裸体になっている有様。遂にはおかしな夢まで見るようになった。昨年はこんなに寝苦しくなかったような…。夏なんだな。ひとまず今朝は祝祭的にポーグスを聴いて、気分をあげている。夏祭りの時期なので。

 昨夜、アルバイトから帰宅してテレビをつけると、レイ・デイヴィスの2010年のライヴがやっていたので、食い入るようにして観た。レイはすっかりおじいちゃんになっていたけど、矍鑠(注;かくしゃくと読む)としててかっこよかった。20年くらい前のキンクスでの演奏も観れて、僕の気分は上々だった。それからチャンネルを野球に替えると、ジャイアンツ打線が派手な花火を打ち上げていた。僕は呆然とし、やさぐれた気分でエルヴィン・ジョーンズとジョン・ボーナムのドラムを聴いたら、思った以上に圧倒された。再び気分は上々に。夏の夜はどうも落ち着かない。

 妻が汗だくで帰ってきたので、「ビールを呑みなよ」と言うと、彼女は言う通りにした。僕がハニー・ドリッパーズとデイヴ・リー・ロスのレコードを聴いていると、彼女が「ねぇ、チル・アウトってどういう音楽?」と訊いてきた。言葉で説明するもピンときてない様子だったので、グレイトフル・デッドの「ダーク・スター」をかけ、「これがチル・アウトの元祖みたいなものだ」と言ったら、うんうんと納得していた。それからしばらくの間、ふたりでグレイトフル・デッドの演奏に耳を傾けた。ジェリー・ガルシアの宇宙的なギターの響きに、夏の夜はゆったりまったりと更けていった。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-07-29 07:07 | diary | Comments(0)
<< 夏の経過 夏の日 >>