ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

都内

 昨日は久しぶりのお店まわり。といっても、渋谷と新宿の2店舗だけで、どれくらい久しぶりかと言うと、「こんにちは、宮井です。あのぉ〜、覚えてますか?」と聞いちゃうくらい。幸いどちらの担当者さんも覚えていてくれた。商談はあっさりしたものだったが、最近は本当に顔を出す機会がないので、せめてニューリリースがあるときくらい挨拶できてよかった。

 かつては頻繁に足を運んだ渋谷と新宿も、今ではすっかり馴染みのない町になっている。久しぶりに訪れてみると、その情報量の多さ、人の多さ、うだるような暑さにくらくらした。道すがらのベンチに腰をかけると、ちょうど目線の高さに電子ディスプレイがあった。3冊の本が開いた状態で並んでいて、すべてのページに数字が書かれていた。一番右のページだけを手がせわしなくめくっていく。書かれた数字が順番に変わっていく。1、2、3…。ほどなくして、このディスプレイが日付と時刻を表示していることに気がついた。面白いなと思った。

 都内でよく遊んでいた頃は、無意識のうちにこうしたものを目にして、知らずうちに何かを感じ取っていたのかもしれない。今僕が住む町にはない無数のアイディアが溢れ過ぎるくらいに溢れている。かつては自分もそれらを楽しみ、そしてきっと飽きたんだなと思った。もっと個人的に意味のあることを大切にしたくなったのだろう。

 こうして、今では渋谷も新宿も気の落ち着かない町になっている。僕は商談を済ませると、すぐに電車に乗って今住んでいる町に戻った。馴染みの店に入り、ビールを注文し、気の置けない話をして笑った。都内で呑もうとは思わなかった。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-08-07 07:31 | diary | Comments(0)
<< ワイルド・ウッド 70年前と今と >>