ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

発売日の翌日

 久しぶりにうっすらと青空が見える朝。ベランダに椅子を出して、ぼんやりしている。

 昨日は新譜の発売日だったので、アルバイト帰りにタワーレコード藤沢店に立ち寄った。ジョン・リーゲン『ストップ・タイム』は大きく展開されていた。僕が作った看板が飾られ、棚に設置されたラジカセからはジョンの歌が流れていた。隣りの3連奏試聴機は、すべてジョンの作品で揃えてあった(新譜と旧譜2枚)。とても嬉しかったし、たくさん売れてお店の人達にも喜んでもらいたいなと思った。

 うちの通販にも注文がきていたので、早速発送した。今日も発送予定。アマゾンもどうにか正常な状態に戻ったみたい(在庫はないけど)。

 ネット上にも感想がいくつかアップされていた。個人的にメッセージをくれる友人もいた。ジョンの歌を楽しんでくれているのがわかり、僕もほっとしている。シンガーソングライターの中川五郎さんがフェイスブックに書いてくれた文章が素敵で、とても嬉しかったから、ご本人了承の上で紹介します。

 “サンドフィッシュ・レコードから今日リリースされたジョン・リーゲンの新しいアルバム『ストップ・タイム』、とてもいいです。今日何度も繰り返し聞いています。ピアノを弾いて歌うシンガー・ソングライターで、ジャズもマスターした天才肌なのに、どこか朴訥としてほのぼのとした感じが漂っているところが、あたたかくて優しくて素敵です。ミッチェル・フルームのプロデュースで、エルヴィス・コステロといつも一緒にやっているミュージシャンがレコーディングに参加しています。ぼくがジョン・リーゲンを聞いたのは、この最新アルバムが初めてですが、すっかり彼のファンになってしまい、以前のアルバムも手に入れて聞こうと思っています。” 

 こんな風に思ってくれる人達を、これからどんどん増やしていきたい。(五郎さんのページはこちら→link

 今日は夕方に発送作業をする以外は1日オフの予定。発売日の翌日というのは、意外とやることがないのだ(最近の経験則)。リラックスして、肩の力を抜いて、体も心も神経もほぐしたい。また海でビールを飲みながら本でも読もうかな。もしかすると偶然友達に会えるかもしれない。ここはそういう土地だから。

 MIYAI
f0182140_733627.jpg

f0182140_715241.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2015-09-03 07:05 | diary | Comments(0)
<< のんびりしようとした ジョン・リーゲン『ストップ・タ... >>