ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

またはじまる

 今朝もいい天気。ウインドブレーカーを羽織りベランダへ。澄み渡った空に浮かんだ昨夜の月が静かに沈もうとしている。ビーチサンダルを履いた足がひんやりしている。秋なのか。秋なのだ。

 昨夜、『ミュージック・マガジン』の最新号をぱらぱらと捲りながら、レコードを聴いた。エイミー・ヘルムの記事を読みながら、父親であるリヴォン・ヘルム&RCOオールスターズを聴き、デヴィッド・ギルモアの新作レビューを読みながら、ピンク・フロイドの『アニマルズ』を聴いた。こういう時間が僕は好きだ。

 デイヴ・ギルモアのディスク・レビューには、亡くなった母親や友人へ捧げる歌など高齢者のリアリティーに満ちた云々…といったことが書いてあった。ロックもここまできたのだなと思った。自然の摂理として。

 9月も今日でおしまい。ロックの高齢化と共に季節も進む。美味しいものをいっぱい食べて、寒くならないうちに体を動かして、いい音楽をたくさん聴こう。今、空を見上げたら、月はもう沈んでいた。太陽が昇り、また新しい1日がはじまる。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-09-30 06:54 | diary | Comments(0)
<< ブルーレイ 整えてこう >>