ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

『ワイアード』と朝のサンドウィッチ

 涼しいベランダで雲ひとつない秋空を見上げる。Tシャツの上にプルオーバーのフリースを重ねる。足下のビーチ・サンダルは夏の名残。アンバランス。

 昨日は疲れて帰宅し、2日目のカレーライスを食べて、ビールを呑んだ。それからジェフ・ベックの『ワイアード』を聴いていたら、B面が始まったところで眠ってしまった。実家にいた頃、仕事から帰ってきた親父が、夕食を済ますとよく椅子でうとうとしていたのを思い出す。お袋が「疲れているのよ」と言っていた。まったく。まるで同じじゃないか。

 出かけるのをやめて、ジーンズを脱いだ。それからレコードをひっくり返して、もう一度『ワイアード』を聴いた。20代のある時期に買った。そのときに感じた衝撃は今も色褪せていない。一瞬先さえ予想できない。そんな気分になったのを覚えている。昨夜聴いた『ワイアード』も同じで、突飛な熱量で溢れ返っていた。僕は割とオーソドックスな人間だから、余計にびっくりしてしまうのだろう。「ジェフ・ベックも、1日の終わりにレコードを聴きながら、うとうとしたりするのだろうか?」そんなことを考えながら、僕はこの日『ワイアード』を3回聴いた。

 里山の木々が揺れている。今日は少し風が強い。さっき、作り置きのサンドウィッチを食べた。朝に食べるサンドウィッチは、いつも美味しい。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2015-10-07 07:56 | diary | Comments(0)
<< Happy Birthday,... 突き抜けよう >>