ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Why Oh Why Oh Why

 腰を痛めて数日、あともう少しというところまできてる。話によると筋肉痛らしい。初めてのことなので「腰って筋肉痛になるの?」という感じなんだけど、なるんでしょうね。これがそうなんでしょうね。これからもたくさんの初体験が僕を待ち受けているのでしょうね。

 起きがけにギルバート・オザリバンのベスト盤をかけたのは、きっと優しさを求めてのことだろう。「アローン・アゲイン」とか。あともう少しだ。

 腰を痛めている間にも、いろんなことがあった。友達が遊びに来て、陽光まぶしい部屋でたくさんのいい音楽を聴いて、酔っぱらって、記憶をなくして、リクオさんのDVDを観て、パソコンで面白い映画を観て、呑み屋でイカのお刺身を食べて(ここで腰の筋肉痛らしいと知った)、ラジオの収録があって、知らなかったことを知って、淋しい気持ちになって、日本シリーズではヤクルトの山田選手が1試合に3本もホームランを打って、さっきはとても変な夢を見た。古い友達からキース・リチャーズまで出てくる振り幅の広い夢だったが、すべてが思い通りにいかないという、あまり愉快とは言えない内容だった(最後はトイレのシーンで終わった)。

 起きがけにギルバート・オザリバンのベスト盤をかけたのは、きっと慰めを求めてのことだろう。「クレア」とか。大丈夫、もう出口は見えている。

 今夜はビールのツケを払いに馴染みのバーへ行こう。本当はもっと早く払うべきだったのに、なぜすぐに行かなかったのだろう?「ホワイ・オー・ホワイ・オー・ホワイ」。いろんなレコードが揃ってる店だけど、ギルバート・オザリバンはない気がする。なんとなく。
[PR]
by sandfish2007 | 2015-10-28 07:12 | diary | Comments(0)
<< バーは深夜こそがバーである 慢心にご用心 >>