ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

僕らの「ロケット・デリ」

今夜は「大人の文化祭」。
最後なのか。そうでないのか。
立ち退き問題で揺れる「ロケット・デリ」。
場所を移すのか。そうでないのか。
先のことはわからないが、
今夜、僕らはこうして集まった。

それはなぜかといえば、
おそらく、こういうことだろう。

信じてる友達が店を開けている。
僕らはその店の扉を開ける。
酒を頼む。料理を頼む。
話をする。おかしくて笑う。
友達が来る。また笑う。
場合によっては、大いに笑う。
夜が更けてゆき、僕らは帰る。
お金を払う。
店主がお金を受け取る。
それだけのこと。

でも、僕は知っている。
店が僕らに与えてくれたのは、お酒とか料理とか、
それ以上のものであるということを。
そして、僕らが店に与えたのも、
きっと、お金以上のものであったはずだということも。

そんなことを、足掛け10年ほど繰り返してきた。
今夜、ここに集まったみんなの顔も、
僕は何年も前から知っている。
つまり、僕らは一緒に、
同じことを、ここで繰り返してきたはずだ。

この店は、そんな僕らを繋いだ大切な想い出の場所。
だから、今夜もこうして、喜びや楽しみを求めて、
この店に集まってきたのだ。

始まりがあれば終わりもある。
もし本当に、今夜が最後の「大人の文化祭」なのだとしたら、
確かになにかが終わるのだろう。
でも、それでもいいと僕は思ってる。
だって、オール・シングス・マスト・パス。
すべては移り変わっていくものなのだから。
受け入れよう。
次に何かが始まると信じて、我慢しよう。
それがどこなのか?ここなのか?そこなのか?
そんなことは、たいした問題じゃない。
大切なのは、また始まるということだ。

そして、もし今夜が最後じゃないのだとしたら、
話は簡単だ。
僕らはこれまでと同じことを、
これからも繰り返していけばいいのだから。

とにかく、今夜は「大人の文化祭」。
歌あり、踊りあり、俳句あり。
目眩がしそうなほど盛りだくさんのプログラムが、
只今、進行中。
大切なのは、先のことじゃなくて、
僕らが今ここにいるということ。
目一杯楽しもう。
最高の瞬間見つけて、笑い合おう。
騒ぎを気にした死神が、
こっそり様子を覗きにくるくらいに。
今夜、僕らの「ロケット・デリ」で。

(2015.11.3 「大人の文化祭」@ロケット・デリにて朗読)
[PR]
by sandfish2007 | 2015-11-04 06:54 | diary | Comments(0)
<< 本当にいい ハード・タイムス >>