ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

あと5日

 今朝、起きたら窓がびっしりと結露していた。結露は我が家の冬の風物詩で、冬の到来を告げる。言ってみれば、根室の流氷接岸のようなものだ(全然違うけど)。

 アルバイトがない日は気がゆるむのか、朝はいつもよりゆっくりめ。ノート・パソコンをリビングに持ち込んで、レコードを聴きながらブログを書くのは楽しいもの。今日はバーズのベスト盤を。只今、来日中のロジャー・マッギン。ライヴに行けないのがとても残念。聴き終わったらスライ&ザ・ファミリー・ストーンを。先日亡くなったシンシア・ロビンソンを偲ぶ。素敵なトランペットと歌声をありがとう。

 通販で配達のトラブルがあり、ここ数日ほど気を揉んだ。安いサービスを使っているので、こういうこともある程度は覚悟すべきなのかもしれないが、お客さんには関係ないこと。幸い荷物は発見され、無事に届けることができた。この件で、お客さんとは何度かメールのやり取りをした。せっかく買ってくれたのに気を煩わせてしまったことが申し訳なく、謝罪したところ、「CD 無事届きました。とってもいい感じ、期待通りです。レーベルサンプラーは、期待以上です!こんなステキなCD がおまけでついてるなんて、お得すぎです!」と、なんとも涙が出るような優しい返事をいただき、ほっと胸をなでおろした。同時に改めてサービスの向上も考えていかないとなと、またひとつ教えられた気がしたのだった。

 タワーレコード藤沢店に立ち寄ると、売り切れたと思っていたジョン・リーゲン『ストップ・タイム』が、まだ売られていた。残りあと3枚。閉店まであと5日。売り切れるといいな。他のCDもじわじわ減っているようで、いくつかのタイトルは売り切れていた。Tシャツが割りと残っていたのがちょっと気になるけど。こちらも売れますように。できるだけ棚をきれいにして、11ヶ月間の長きに渡るコーナー展開を締めくくりたいものだ。
f0182140_8263535.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2015-11-26 08:22 | diary | Comments(2)
Commented by アラン・ボブ at 2015-11-26 15:07 x
 私も少し前に、バーズのレコード買ったんですよ、「オリジナル・シングルスvol.1」を。
 店頭で見てたら、裏ジャケットに、MONO、ってはっきり書いてあって、シングル集だから、当然か、と(笑)。
 というのも、ジャケットに、それを書いてない、あるいは、はっきり書いてないのも多いですからね。
 モノの時代のアルバムは、モノのレコードが欲しいですから、できれば。

先日、フィル・スペクターのクリスマスアルバムも、レコードで買いました。
 数年前、紙ジャケCDで再発された時、もう少しで買うところでしたが、
レコードで買えて、結果オーライでした。
Commented by sandfish2007 at 2015-11-26 17:09
そうですね。逆に「ステレオ」と大きく書かれたレコードはよく見かける気がします。当時はモノが当たり前だったから、あえて明記する必要もなかったのかもしれませんね。僕もモノ時代の録音はできればモノで聴きたいのですが、ほとんど持ってません。

スペクターのクリスマス・アルバム、これからの季節に活躍しそうですね。うちのレーベルにもクリスマス・ソングが1曲だけあります。デヴィッド・ミード「ザ・スマイル・オブ・レイチェル・レイ」。ラジオからたくさん流れてくるといいのですが。
<< おぼろげ そろそろラスト・スパート >>