ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

拝啓車寅次郎様

 冬の朝。朝陽があたって里山の緑が美しい。まだそれほど寒くはないが、この季節らしい透明感がある。

 昨日はアルバイトを早くあがれた。家に着くとリンゴが届いていた。テレビをつけて『男はつらいよ 拝啓車寅次郎様』を観た。寅さんは大好きで、48作すべてを観ている。『拝啓車寅次郎様』はシリーズの47作目で、最後から2つ目にあたる。この頃には出演者もみんな歳をとっているが、今となってはそこがまたよかったりした。

 寅さんはいつも粋でかっこいい。例えば、面白い話をしてみんなを楽しませ、一段落つくと「それじゃ、今日はこの辺でお開きとしますか」と言って、一番最初に席を立ち、自分の部屋へ戻って行く。去り際を心得ているのだ。だらだらと呑みつづけ、気がつけば誰もいなくなっている僕とはえらい違いだ(そういうことがたまにあるのだ)。見習いたい。

 寅さんはこの映画のロケ地として鎌倉を訪れている。閑静な住宅街も七里ケ浜の海も鎌倉高校前のホームも江ノ電も、馴染みのある風景だ。甥の満男は社会人1年目の設定で、もう会社を辞めたいと思っている。僕もちょうどこの年が社会人1年目だった。そして4年後、その会社を辞めることになる。

 寅さんはお正月映画として、年末になると毎年欠かさず新作が封切られた(とりわけ人気が高かった頃は夏と年末に2本が公開されていた)。だから、この時期に観る寅さんには格別な味わいがある。ひと笑いし、明るい気持ちになって、新しい1年を迎えるのだ。

 さてと、朝風呂にしよう。あがったらリンゴを食べよう。今日は楽しい日曜日。
[PR]
by sandfish2007 | 2015-12-06 08:25 | diary | Comments(0)
<< 35回目のジョン・レノンの日 これからということで >>