ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

30年

 昨夜は、一番つきあいの古い友人と呑んだ。知り合って30年がたつ。その間、僕らの関係にさしたる変化はなく、今日に至っている。喧嘩をした覚えはなく、その代わり、いくつかの忘れがたい経験を一緒にしてきた。

 地下にある安い居酒屋で、あきらかに量の多い料理に苦しみつつ、流し込むようにしてビールを呑んだ。友人が今年あった出来事を話し、僕はそれを腹をさすりながら聞いた。感じたことを率直に言うことができるのは、長いつきあいの賜物だ。よほどのことがなければ、僕らはお互いに本気で腹を立てることはない。

 場所を移し、馴染みのバーでバーボン・ウイスキーを呑んだ。そして、今年一緒に経験した忘れがたい出来事の話をした。今でも一年の終わりに共感しあえるものを見つけることができるのは、なんだか不思議な気がする。

 友人は終電に乗り、僕は歩いて帰った。だいぶ腹もこなれたし、この時期にしては暖かい夜だった。30年間、もしかしたら喧嘩をしたことはあったかもしれないし、ひどく腹を立てたこともあったかもしれない。でも、そんなことはすっかり忘れてしまった。きっと思い出す必要もないのだろう。今でもこうして当たり前のようにお酒を呑めているのだから。
[PR]
by sandfish2007 | 2015-12-16 07:51 | diary | Comments(0)
<< 塀の中から世界を見ている マヘリア・ジャクソン >>