ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

塀の中から世界を見ている

 僕が愛用しているMac Bookは、8年前に発売されたもので、1年前に中古で購入した。過不足なく動いてくれて満足していたのだけど、昨夜になって突然電源が入らなくなった。うんともすんとも言わない。これではどこが悪いのかも調べようがないので、ひとまず互換性ACアダプターを注文した(純正は高い)。さて、どうなることやら。

 こういうことがあるたびに思うのだが、自分の仕事がどれだけパソコンとインターネットに依存しているのかがよくわかる。恩恵を受けながら、囚われているのだ。今回も抜け出せないまま、富士通のもっと古いノート・パソコンでその場しのぎ。ジョージ・ハリスンの「マイ・スウィート・ロード」や「イズント・イット・ア・ピティ」を聴いて、心を慰めている。何も変わらない。

 いつかきっと、何かが変わり、解放される日が来るのだろう。変わりばえしない毎日も、そこへとつづく道に他ならない。「時間は大切な宝物」と、かつてお袋に言われたことがある。その言葉がずっと胸に残っている。

 ・・・と、パソコンの電源が入らないだけで、こんなことを考えてしまうのだから、囚われている証拠だ。僕は塀の中から世界を見ている。いつか抜け出そう。
[PR]
by sandfish2007 | 2015-12-17 06:52 | diary | Comments(0)
<< 想定外 30年 >>