ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

プレス&テディ

 今ではほとんど機能していない気もするホームページを少しばかり更新した。本当はいろいろ手を加えようとしたのだけど、ことごとく思い通りにいかず、結果的にはトップページの背景に写真をつけたのと、インタビュー記事のリンクを貼っただけで終わった。

 パソコンのソフトは、古くなったという理由だけで、問答無用に使えなくなったりする。たくさんの恩恵を受けておいてなんだけど、こういうところはどうしても好きになれない。

 でも、やってみなければできないということにも気づかなかったのだし、まったく無駄な時間だったわけじゃない。これもまた前進の一部だ。そう思うことにする。

 高ぶった神経をほぐそうと、晩年のレスター・ヤングのレコード『プレス&テディ』を聴いていたら、このときのレスターが僕と同い年であることに気づいてびっくり仰天。どうして昔の人というのは、こんなに貫禄があるのだろう?

 『プレス&テディ』は、朋友テディ・ウィルソン(ピアノ)との双頭アルバム。レスターもテディも、熟練のプレイを聴かせてくれる。この頃には当時のジャズの主流からはずれつつあった2人だが、自信たっぷりな演奏は一時代を築いたベテランならではの余裕と尊厳に満ちている。それにしても、レスター、僕と同じ年ですか。そうですか。テディにいたっては僕より歳下ですか。そうですか、そうですか。
f0182140_719878.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2016-01-08 07:20 | diary | Comments(0)
<< Love's in N... 今年の目標とインタビュー掲載 >>