ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

これまでも、これからも

 昨日、午前中はのんびり過ごし、午後は原稿をせっせと書き、夜は48時間ぶりに外出した。1週間ほど前から冷え込むようになり、ついには雪まで降ったりと、遅まきながら冬らしくなってきた。お正月の暖かさが懐かしい。馴染みのバーでジェリー・マリガンがかかったとき、その音色に春を待ち遠しく思った。

 先日、インタビューを受けたインターネットの総合音楽サイト「Veemob」にて、月イチで記事を書くことになった。まずはうちのディスク・レビューを1枚づつ書いていくことになったが、他のことも書いていいという。やりながら考えていこう。音さがしもぼちぼちと。スタート・ダッシュにはなってないけど、気がつけばちゃんとスタートしている。そんな平成28年1月中旬。

 最近だと午前7時には明るくなり、日が長くなってきているのがわかる。今日も寒そうだけど、季節は確実に巡りの歩を進め、春へと近づいている。マリガンが吹くバリトン・サックスの音色に近づいている。そんな当たり前なことにも希望を感じることができるから、これまでやってこれたし、これからもやっていけるのだと思う。
[PR]
by sandfish2007 | 2016-01-19 07:27 | diary | Comments(0)
<< グレン・フライに捧ぐ ハイ・ウインズ・ホワイト・スカイ >>