ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

リクオ with ホーボー・ハウス・バンド@下北沢ガーデン(2016.1.30)

 昨夜は下北沢にあるライヴ・ハウス「ガーデン」まで、リクオ with ホーボー・ハウス・バンドのライヴを観に行った。開演の10分前くらいに会場に着くと、客席はほぼ埋まっていた。佐野元春の「ワイルド・ハーツ」が流れ、つづいてニック・ロウの「クルーエル・トゥ・ビー・カインド」が聞こえてきた。定刻から少し遅れて暗転。ステージのまぶしい光の中にメンバーが登場。それから2時間30分、バンドは緩急を織り交ぜながら、音楽の楽しさと喜びを出し惜しみすることなく放射しつづけた。

 4月に発売予定のニュー・アルバムからの曲を中心としたセットリストで、格好もそれに準じた装い。リクオさんは、帽子に大きなメガネ。蝶ネクタイとチェックのスーツ。バンド・メンバーも帽子とメガネをかけておつきあい。ニュー・アルバムは、リクオさんがこれまで聴いてきた様々な音楽へのオマージュを込めたポップな作品であると紹介。開演前のB.G.M.もこの日の服装も、そうしたポップさを意識したものなのだろう。

 途中、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬が登場。圧倒的な存在感で、ソロのナンバー、ソウル・フラワーの曲、デヴィッド・ボウイの日本語カヴァーを披露した。ライヴ終盤にはエレキ・ギターを持ってバンドに参加。あの眼力ゆえか、「ミラクル・マン」での「ウーッ!ハーッ!」のコーラスでは、なにやらモノノケに気圧されるような迫力があり、思わずのけぞった。ちなみに、中川さんは、帽子もメガネもかけていなかった。リクオさん曰く「協議の結果、却下」。本人曰く「サイズが合うのがなかった」とのこと(信憑性はあるが本当かどうかは不明)。

 7年前にリクオさんと知り合って以来、毎年ライヴを観ている。振り返ってみると、そこにはリクオさんなりの変遷が見て取れる。そのときそのときに感じたことを、誠実に自分の音楽へ投影してきたのがわかる。近年では、新作からの曲や未発表の新曲を中心にライヴを構成することが多い。それもリクオさんにとっては自然なことなのだろうが、凄いことでもある。この瞬間にすべてを捧げる。初めて会ったときから今に至るまで、リクオさんはリアル・ミュージックを奏でつづけている。
[PR]
by sandfish2007 | 2016-01-31 10:38 | diary | Comments(0)
<< お金にまつわるエトセトラ ガソリン・アレイ >>