ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

レストレス・ナイト

 花粉の薬がほしくて耳鼻科に電話すると、予約でいっぱいだから月曜日に来るようにと言われた。「みんなも大変そうだな」とひとり納得し、カップにコーヒーのおかわりを注いで、カーラ・ボノフの『レストレス・ナイト』をターンテーブルにのせた。午前8時30分の光が部屋を照らし、全体的に穏やかな雰囲気の朝である。

 昨夜は日本酒を少し飲み過ぎたのか、目を覚ますとほのかな気怠さが残っていた。鍋の残り汁でおじやを作り、熱いお茶を飲んだ。それからコーヒーを淹れて、今は少しづつ調子を整えているところ。こういうとき、カーラの控えめな歌が聴きたくなる。

 『レストレス・ナイト』は、1979年の作品。ウエスト・コーストらしい明快なサウンドと、彼女らしいスロー・ナンバーがバランス良く収録されている。明るい歌にも押し付けがましいところがないので、弱り気味の朝にも大変よろしい。逆に調子がいいときは、そんなに聴きたいと思わない。もっと刺激のある音がほしくなる。でも、弱ってくるとまた手を伸ばす。そういうのって、なんだか優しさにすがってるみたいで、「甘ったれだなぁ」と思わないでもない。

 それにしてもいい曲ばかりだ。心が安らぎ、ちょっと元気になる。そして、ラストには「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」の秀逸なヴァージョンが待っている。こんな風に歌われたら、つい甘えてしまうのも、まぁ、しょうがないのだ。
[PR]
by sandfish2007 | 2016-02-27 09:14 | diary | Comments(0)
<< スロー・スタートとディスク・レ... ふさわしくない季節 >>