ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

シンプルな暮らし

 土曜日の夜は、馴染みのお店でブリ祭りがあった。日曜日の午後は、友人2人が遊びに来て、みんなでジェームス・ブラウンの映画を観た。月曜日は雨降り。夕方前まで仕事をして、夜はいただいた野球漫画をまとめて読んだ。今朝、カーテンを開けたら朝靄がかかっていた。楽しい時間を過ごしたはずなのに、どこか切なく感じるのはなぜだろう?

 友人がみうらじゅんのボブ・ディラン本を貸してくれた。面白くて、あっという間に読んだ。そこには「やるべきことをやるだけ。だから、うまくいく」といったようなことが書いてあった。また、「フォーエバー・ヤング」とは、死ぬまで自問自答を繰り返すことだといったようなことも。他にもいろいろ。みうらじゅんは、ボブ・ディランから本当にたくさんのことを学んだのだなと思った。音楽から人生を学んだ人の言葉は、いつも僕をほっとさせる。

 誰もが何か発散するものを必要としているのかもしれない。ジェームス・ブラウンの映画を観ていて、ひどい差別を受けて将来の不安から逃れられない黒人の人達が、生きていくのにジェームス・ブラウンの強烈なファンクを必要としたのには、そうした側面もあったのだなと改めて思った。もし音楽で何かを発散できるなら、それは素晴らしいことだ。なにより平和的な手段だと思う。

 僕が望むのは、日々を心穏やかに暮らすことだ。ブリを食べて美味しいと言い、野球漫画を読んで泣いたり笑ったりする。自問自答することも、何かを発散することもなく、その日をその日としてただ生きること。実は、そんなシンプルな暮らしに憧れている。
[PR]
by sandfish2007 | 2016-03-08 07:28 | diary | Comments(0)
<< エリックとデレク(ローラーズじ... 何を糧にできたのか >>