ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

震災から5年

 あの震災から今日で5年。改めてあの日のことを想い出している。そして、あれから何が前進し、何が後退したのかも。

 5年の月日は、たくさんのことを複雑にした。本当はシンプルなことのはずだった。困っている人達に手を差し伸べ、悲しみを心に刻み、脱原発への道を進めばいいはずだった。震災直後、多くの人達はそう心をひとつにしていたと思う。しかし、何かをしようとするたびに横ヤリが入り、うまくいかなかった。支援金は被災地に届かず、情報は稚拙に操作された。本当に大切なものが置き去りにされていっている気がした。そのうち人々の心も離散していった。意見の対立が生まれ、不安と苛立ちがより大きな対立構造を作り出した。

 この5年の間、誰もが歳を重ねた。時間がたてば事情も変わる。小学生と高校生では必要なものが違うし、亡くなった人もいる。しかし、複雑に絡み合った事情がいつも前進を阻む。復興計画の見直しも、放射能のことも、必要な政治的決断はいつまでたっても下されない。その結果、人々と行政の間の溝は深まった。5年もたてば、心が疲弊し諦めたくなるのは、無理もないことだと思う。

 「どうしてこうなってしまうのだろう?」というのが、僕の率直な気持ちだ。なぜ困っている人達への支援を第一としないのか?政治がすべてを解決できるわけじゃない。でも、政治的にしか解決できないことはある。なぜそれをやらないのだろう?なにがそれを阻んでいるのか?本当はもっとシンプルなことではなかったのか?

 今も希望をもてない日々を過ごしている人達がたくさんいるのを知っている。我が身に置き換えてみれば、それは本当にしんどいことだ。孤独と絶望は心に闇を作り出す。早く安心させてあげてほしい。そのためなら僕らも必要な我慢はする。それくらいは一緒にしたい。
[PR]
by sandfish2007 | 2016-03-11 07:40 | diary | Comments(0)
<< 『コーヒー・タイム』と掲載情報 George Martin 1... >>