ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

また始めればいい

 CD流通をお願いしている卸会社が音信不通で、いよいよ他をさがさないといけない雰囲気になってきた。未払金や預けてある在庫も気になるが、なにより本人のことが心配。長いつきあいなのだ。

 昨日は1日パソコンの前に座り、あちこちにメールをしたり、依頼された文章を書いたりしていた。すると、上記以外にも心配事がぽつぽつと生じ、気分が少し落ち込んだところで、呑みに出かけた。

 駅の改札で高校時代の友人と待ち合わせた。数ヶ月遅れで僕の誕生日を祝ってくれるという。会うのは昨年末以来だったが、その間に彼は人生の岐路を経験していた。友人はそんな現実と向き合ったり、やり過ごしたり、これからの未来について考えたりしていた。僕らは思いついたことを思いついたままに話した。話したことは右から左へと流れていったが、それだけで救われた気がした。1日の終わりに笑い合えるのはいいことだなと思った。

 不意に自分が何処へ向かっているのかわからなくなることがある。そんなときは足元を見て、今の立ち位置を確かめればいい。そこからまた始めればいいのだと思う。
 
[PR]
by sandfish2007 | 2016-04-09 07:59 | diary | Comments(0)
<< 当たり前にあるもの ほんの15歳 >>