ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

当たり前にあるもの

 外に出たり、人と会ったり、音楽を聴いたり、本を読んだり、映画を観たり。そうすることでいつも突破口は開けたものだった。そのことをジェームス・テイラーの『ゴリラ』を聴きながら思い出した。

 空は薄曇りだけど暖かい。緑は日に日に濃くなり、道端では花がそれぞれの色をつけて咲き始めた。マンションのエントランスを出ただけでも、気づくことは多い。

 今年は花粉に悩まされることが少なかった。そろそろマスクをはずしてみてもいいかもしれない。部屋干ししていた洗濯物をベランダへ出してみてもいいかもしれない。

 なにかをしようとするとき、いつしか僕は希望をさがすようになった。でも、かつて希望はさがさずとも当たり前のようにあるものだった。その辺にいくらでも落ちていた。それは今も変わらないのではないか。当たり前にあるものは逆に見つけにくいだけで。

 今日は外へ出てみよう。昨日はずっと家にいたから。
 
[PR]
by sandfish2007 | 2016-04-11 08:14 | diary | Comments(0)
<< 知らなくてもいいことはたくさんある また始めればいい >>