ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

リクオ『Hello!』

 リクオさんの新作『Hello!』は、オープンでポップな作品だ。間口が広く、分け隔てがない。だから、聴いていると自然と明るい気持ちになる。

 ポジティヴィティーとセンチメンタリズム。これらの曲はツアー暮らしをつづける中、様々な出来事がリクオさんの体を通過することで生まれた。それがどれも希望と優しさをもった曲であったことに、シンガーソングライターらしい誠実さ、知性、勇気を見てとることができる。
  
 アルバムのテーマは「再生」だ。気がつけば、希望をもちにくい世の中になった。でも、僕らは何度でもやり直すことができるとリクオさんは歌っている。これは世代を超えたメッセージとして有効だと思う。例えば、わかり合えないことを理解することで、わかり合えるようになる。そんな可能性の話だ。

 最近、僕はこのアルバムをアナログ・レコードで聴いている。ここに収められた歌は、レコードの音が一番合っているような気する。自然で優しいのだ。

 僭越ながら、ライナーノーツを書かせてもらった。まだ発売されて間もないから、おそらく現時点では僕が『Hello!』を誰よりもたくさん聴いていると思う(リクオさん本人を除いて)。素晴らしい作品です。本当に。
f0182140_8251111.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2016-04-19 08:25 | diary | Comments(0)
<< 雨は降らないでほしい 18歳とレビュー掲載 >>