ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

明後日はボブ・ディランのライヴ

 朝起きると窓を開け、部屋の空気を入れ替える。数日前から洗濯物を外で干すようになった。外出するときにマスクをしなくなった。コンタクト・レンズをするようになった。花粉症の季節は終わり、僕にも本当の意味での春がやって来た。

 今月はいろいろなことがあって、心落ち着かない日がつづいたけど、それも徐々に落ち着きつつある。明後日はボブ・ディランのライヴを観に行く。気持ちを集中できそうでよかった。

 2年前に観たディランは素晴らしかった。老いと対峙しながらも、その年齢だからこそできる表現を摸索していた。サウンドから漂う終末感は一層強まり、楽器をあまり弾かずに歌うことに徹する姿にも、ディランの強い意志を感じた。ディランは今も旅人なのだと僕は思った。旅とは立ち止まらずに先へ進むこと。あのときもディランは未来を見据えてステージに立っていた。今年はどんな演奏が聴けるのだろう。ディランのライヴは生き様そのものだ。ノンフィクションなのだ。

 外では緑は生い茂り、鳥の澄んだ鳴き声が聞こえる。いい季節になった。今日もコンタクト・レンズをして出かけよう。
 
[PR]
by sandfish2007 | 2016-04-26 07:27 | diary | Comments(0)
<< 昨夜から今朝にかけて プリンスのラスト・ライヴ >>