ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

朝霧のように

 霧が立ちこめる朝。ロバート・プラントが馬に乗って登場しそうな朝。今月発売を予定している新譜、ダニエル・マーティン・ムーア『ゴールデン・エイジ』(Daniel Martin Moore / Golden Age)も、こんな幻想的な風景がよく似合う。きっと彼が暮らす自然豊かなケンタッキー州の町でも、このような朝はあるのだろう。

 昨日はアポなしで店まわりをした。担当者には会えたり会えなかったりだったけど、やっぱり出かけてよかったなと思った。今回の新譜から流通を変更したことで、商品供給がこれまでよりもスムーズになりそう。タワーレコード、HMV、ディスクユニオン、山野楽器、等でお求めいただけます(店頭に在庫がない場合はお取り寄せになります)。発売日は7月20日。

 本当にいい作品で、唯一心配なのは、本当にいいところ。というのも、音楽であれ料理であれなんであれ、本当にいいものの良さは誰でもわかるとは限らないから。でも、心配なのはそれくらいで、あとは何も心配していない。

 CDRを送ったところから、誌面で紹介したいとのメールをいただいた。その雑誌には以前から取り上げてほしくて、でも何の伝手もないので編集部宛に音を送りつづけてきたのだけど、今回初めて紹介してもらえることになった。CDRでは相手にしてもらえないのかなと思っていたので、とても嬉しい。

 そんなこんなで7月に入り慌ただしくなってきた。レーベルをやっていて一番楽しいのは、実は発売前のこの時期だったりする。朝霧のように先は見通せないけど、なんというか夢があるのだ。
f0182140_7315819.jpg

http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=f0182140
 
[PR]
by sandfish2007 | 2016-07-02 07:38 | diary | Comments(0)
<< ペナントレースも折り返して 下半期のはじまりと掲載情報のお知らせ >>