ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

はっか油をつけて冷やした手拭い

 夏の日。空も海も太陽も目に映る景色はどれも夏らしいのに、風だけは涼しく乾いていた。僕らは自転車に乗って海水浴に出かけた。生ビールで乾杯し、海の家のラーメンをすする。カウンターに座ると目の前にビーチが広がり、パラソルが等間隔で並んでいた。Tシャツを脱いで海に入る。あお向けにぷかりと浮かんでみると、空は大きく、どこまでも青かった。視界をかもめが横切り、隣りではボラが跳ねた。浜辺に寝そべり、漫画を読んだ。喉が渇いたら缶ビールを呑んだ。いつまでもこうしていたいと思うくらい気持ちよかった。

 帰宅してからは、歩いてリサイクル・ショップへ。手頃な掃除機を購入。それからは、ボブ・マーリィを聴きながら、妻とふたりでグリーン・カレーを作った。具はエビとイカとナスと赤ビーマンとタマネギとエリンギ。ワインと一緒にいただいた。美味しかった。

 夜になると体が徐々に火照り出した。動く元気もなくなって、ずっと床で寝そべっていた。妻がはっか油をつけて冷やした手拭いを用意してくれた。それを肩に当てると大分楽になった。僕は自分の限界を知り、日付が変わる前にベッドで寝た。

 今朝も体は火照っているけど、ぐっすり眠れたおかげで気分はいい。肩にははっか油をつけた冷たい手拭いがのっている。
f0182140_7131440.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2016-07-30 07:13 | diary | Comments(0)
<< 7月の終わりと8月の始まり あぁ、夏休み >>