ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

思い通りにいかないのが

 一昨日、台風が上陸した。激しい雨と風の後、午後2時頃、静寂が訪れた。僕は外の様子を伺うべく散歩に出た。すると、再び激しい雨が降り出した。僕は急いで近くのセブンイレブンに避難した。財布を持たずに家を出たので、店からすれば僕は客でもなんでもないただの雨宿り人である。すぐにやむかと思いきや雨は降りつづけ、僕は雨宿りをつづけることになった。お金もないのに店に長時間いるのは思いの外気詰まりで、僕はほとんど立ち読みもせず、トイレを借りることもできなかった。店の人達はまるで僕がいないかのように振る舞っていた。台風のときに外の様子を見に行って川に流されたというニュースをよく聞くので、心配させないようにと妻にメールをしたところ、1時間後に完全防備で迎えに来てくれた。雨宿りのお礼にチョコチップ・クッキーを買ってもらい、店員さんに頭を下げると、優しい苦笑いが返ってきた。僕は自分の読みの浅さを反省した。

 迎えに来てくれた妻にもお礼がしたかったので、夜は外へ食事に出かけることにした。空にはまだ雲が広がっていたが、天気は回復に向かっており、もう雨が降る心配はなさそうだった。夕焼けが赤く染めた空を見上げながら、僕らは呑み屋への道を歩いた。店に着くと腕利きのミュージシャン達が呑んでいた。近くのスタジオでリハだったという。僕らも輪にまぜてもらい、そこからはとても楽しい時間が過ぎていった。

 帰り道、台風は去り、空には星が輝いていた。僕はまたしてもコンビニに寄り、カップ麺を買った。最近はあまりこういうことはしないのだが、この日はした。それだけ楽しかったのだと思う。思った通りにはいかないのがいいのかもしれない。
f0182140_7561628.jpg

 
[PR]
by sandfish2007 | 2016-08-24 07:56 | diary | Comments(0)
<< リリィ・モーゼル 星野道夫と掲載情報のお知らせ >>