ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

淀みなく流れる川のように

 昨日は原稿をひとつ書いた。午前中に半分。夜に半分。書き上げたらすぐに入稿した。淀みなく流れる川のようだった。仕事がひとつ終わると、その分だけ気持ちが楽になる。スペースができるのだと思う。

 随分前に依頼されたのに手つかずの仕事もある。夏には書き始めるつもりだったが、まだ始められていない。「宮井さんのタイミングで始めてください」と言ってもらえたことに甘えてしまっている。来月には取りかかりたいが、この約束はまだ有効だろうか?

 その前にもうひとつ書くことがある。仕事ではないが、ある意味もっとも重要なことだ。約1週間後に特別なイベントがあり、そのための文章を書いていって、終わりと始まりが交錯するであろう場所で読むことになっている。数時間あれば書けると思う。淀みなく流れる川のように。但し、そのための心の準備は必要だ。

 空いた時間にはブルース・スプリングスティーンの自伝『ボーン・トゥ・ラン』を読んでいる。今は下巻の半分くらいまできたところ。素晴らしい本で、読み終えてしまうのがもったいないのだが、本を開くと感情を大きく揺さぶられてページをめくる手を止めるのが難しい。噛み締めるように、できるだけゆっくりと読み進めたい。

 今朝は冷え込んだのか、窓が結露していた。季節もまたゆっくりとだが確実に進んでいる。
 
[PR]
by sandfish2007 | 2016-10-25 08:16 | diary | Comments(0)
<< 休日と掲載情報 いくらかましになる >>