ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

マッサージ

 目が覚めて、なにもやることがないので、朝風呂に入った。ここ数日、僕の背中はガチガチに凝っている。昨夜、妻に揉んでもらったところ、「張り過ぎていて手に負えないわ。治療院へ行くときが来たようね」との見解だった。確かに昨夜も背中が気になって、なかなか寝つけなかった。そこで僕は朝風呂でしばし逡巡した後、「よし」と心を決め、友人のマッサージ師に連絡をとった。返事はすぐに来た。「16時ではいかがでしょう?」。了解。

 というわけで、やることができた。16時に人生初のマッサージを受ける。どきどきだぜ。

 朝食を食べながら、「さっきマッサージを申し込んだんだ」と妻に伝えると、「それはいいわね」と彼女も喜んでくれた。そして、「ところで、ワム!は持ってないの?」と訊くので、「持ってない。でも、ジョージ・マイケルの歌なら1曲だけある」と応え、フレディ・マーキュリー追悼コンサートで歌われたクイーンの「サムバディ・トゥ・ラヴ」をかけた。ジョージ・マイケルのことは詳しく知らないのだけど、これは名唱だと思う。妻は目を大きく見開くと「聴き入っちゃうわね」と言い、そのCDを持って仕事へ出かけて行った。

 今は部屋でひとりコーヒーを飲みながら、パソコンでマッサージのことを検索し、「早く16時にならないかなぁ」と夢想しているところ。楽しみがあるのはいいものだ。
 
[PR]
by sandfish2007 | 2016-12-27 10:39 | diary | Comments(0)
<< 素直であるということ 今年もあと6日 >>