ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

リトル・ウィロウ

 水曜日はアルバイトがない日。役所で諸々の手続きをして、回転寿しを食べるのが今日の予定。もし原稿をひとつ書ければ尚良し。

 2日つづけて強風が吹き荒れたが、今朝は穏やかに晴れている。でも、午後からまた吹き荒れるらしい。「状況は常に変化しているんだよ」とひとり肯き、ポール・マッカートニーの『フレイミング・パイ』をターンテーブルにのせたところ、数カ所で針飛びした。この飛び方はゴミが付いているからだろう。

 2月下旬になったということは、あと2ヶ月ほどでポールが日本にやって来るということだ。2ヶ月なんてあっという間だから、心の準備をしておいた方がいい。まずはレコードについたゴミを取り除こう。

 このアルバムでは「リトル・ウィロウ」が1番好きだ。とても優しい歌で、澄み切ったメロディーが、今日のような冬の朝によく馴染む。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-02-22 08:57 | diary | Comments(0)
<< 悪くない サンダー・ロード >>