ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

外野席と内野席

 えっと、野球の話がつづいてすみません。

 駐車場で「入り待ち」して、三浦大輔から妻のホエールズ帽に無事サインをもらうことができた木曜日。その勢いをかって横浜スタジアムへ向かった金曜日。阪神タイガース対横浜DeNAベイスターズ。勝率を5割に戻したベイスターズ。勝てば夢の貯金生活である。

 昨日は数年振りの外野席。見える景色がいつもと違うのは新鮮だった。昔ながらの野球好きからすると、「内野席=おとなしい。外野席=荒っぽい」という印象をもっていたのだが、昨日の外野席はとても平和だった。みんな熱心に応援しているけど、分別があり、汚いヤジも聞かれなかった。おかげでストレスなく楽しむことができた。内野席にはたいてい不快な客がひとりかふたりいたりするのだ。

 今の野球の応援はシステム化がすすみ、選手それぞれに応援歌があったり、それに合わせた手拍子が決まっていたりする。スタンド全体でひいきのチームを応援しようということだが、そのせいで気ままに観戦しにくくなった面もあると思う。僕もベイスターズを応援するようになった頃は、それが苦手だった。でも、今は応援歌もある程度覚えたし、一緒になって手拍子するのは楽しい。結果として、外野席の治安は良くなり、内野席に柄の悪いファンが流れてきたのかもしれない。と、これはあくまで昨日だけの印象。

 今でも内野席の方が気ままに観ることができるし、外野席にはユニフォームを着込んだ熱心なファンが集まっているから応援に一体感がある。どちらで観たいかはその人次第。僕はどちらも好き。

 試合は阪神タイガースの勝利。3本のホームランのうち2本が僕のいるライト・スタンドへ放り込まれた。これで借金生活へ逆戻り。どうもベイスターズはタイガースに勝てない。なぜだろう?

 でも、今日は大丈夫。きっと雨天中止だ。だから負けない。やった!
 
f0182140_07325025.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2017-05-13 07:27 | diary | Comments(0)
<< 喫茶店ごっこ 遠藤と三浦 >>