ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

穴蔵でカセットテープ

 最近はあまり穴蔵(仕事部屋のこと)にいない。キッチンのテーブルで仕事をすることが多いのは、その方が快適だからだ。しかし、それだとできることが限られるので、少しづつ穴蔵時間を増やしていこうと思っている。

 穴蔵ではパソコンで音楽を聴くことになる。しかし、僕のノートパソコンはCDの読み込みが悪く、それが割とストレスになる。というわけで、妻の小さなテープレコーダーを借りることにした。これは彼女がジャズのビッグバンドでサックスを吹いていたときに練習用に使っていたもので、僕も少しだけいたバンドの練習に使わせてもらったことがある。

 押し入れのダンボールから古いカセットテープを1本取り出す。これには1964年のヒット曲がまとめて録音されている。ビーチ・ボーイズ「アイ・ゲット・アラウンド」、ジョニー・リバース「メンフィス」、ロイ・オービソン「オー・プリティー・ウーマン」、チャド&ジェレミー「ア・サマー・ソング」、メリー・ウェルズ「マイ・ガイ」などなど。

 録音元は確か1960年代の全米ヒットを1年ごとに紹介していくという特別番組で、年の瀬に10日連続で放送されたものだと思う。DJは渋谷陽一だった。2時間番組を毎日ラジカセの前に座り音楽だけを90分テープに録音していった。このときに知った曲は、文字通り僕の血肉となった。

 ザ・トイズの「ラヴァーズ・コンチェルト」とか、本当にいい曲だなぁと思ったものだった。こうした曲はカセットテープでしか持っていないのだし、もっと日常的に聴けるようにしよう。穴蔵でカセットテープ。なんとなくアングラ。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-05-16 07:48 | diary | Comments(0)
<< 青い影 喫茶店ごっこ >>