ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

いつまでも元気で

 10年前の海外ドラマを見ていたら、ジョン・エントウィッスルの名前が出てきた。このドラマではちょくちょくミュージシャンの名前がセリフに出てくる。ちなみに主題歌はザ・フーだ。

 舞台はラスベガス。映画スターの死体が検視室に運ばれると、検死官の先生が解剖の前に彼の写真を撮る。そして、「私のコレクションだ。2パックとエントウィッスルも持っている」と言うのだ。確かに2人ともラスベガスで亡くなっているので、この先生が司法解剖したという設定なわけだ。

 それでジョン・エントウィッスルが亡くなったときのことを思い出した。ツアーが始める前日にホテルで亡くなっているのが発見されたのだった。今から15年前のこと。あのときはショックだったけど、今は冷静に振り返ることができる。

 今日はエントウィッスルのバンドメイトだったピート・タウンゼントの誕生日。あのピートが72歳か。つい最近2000年のライヴ映像を観たばかりなので、あのときから17年分の皺が増えたピートを想像した。そして、今も元気でいてくれることを嬉しく思った。

 昨日、お袋のお見舞いへ行ってきた。親父も来ていたので、3人でゆっくり話をすることができた。ふたりともピート・タウンゼントより歳上だ。そんなお袋が僕の年齢について「あなたがもうそんなになるのねぇ」と言った。ええ、そうなんですよ。今日退院の予定。目の病気を患っていた親父も、ひとりで出歩けるところまで回復していて安心した。いつまでも元気でいてね。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-05-19 07:09 | diary | Comments(0)
<< ラグ・ママ・ラグ びっくり仰天 >>