ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

酒場

 週末に馴染みの酒場を3軒まわった。友達が店をやっているというのはいいもので、なんの気兼ねなくドアを開けることができる。繁盛してれば嬉しいし、客が少なければゆっくり話ができる。

 そんな店が5軒ほどあり、僕はできるだけ平等に足を運びたいと思っている。だから、どの店も立ち寄れるのはひと月に1回か2回だ。安い酒しか飲まないし、安いつまみしか頼まないけど、今はこれが精一杯。

 いつかお金持ちになったら、もっとたくさん行って、いろいろ注文するのだ。サムデイ。

 酒場というのはいいものだ。カウンターに座れば少しほっとする。そんな年月を積み重ねている。

 最後に掲載情報を。1980年代に特化したエンターテイメント・サイト『Re;minder(リマインダー)』にU2『ヨシュア・トゥリー』のことを寄稿しました。この名作がリリースされて30年がたちました。ぜひ読んでみてください。ちなみに、僕が一番好きなU2のアルバムは、『ヨシュア・トゥリー』から始まった旅がひと回りした感慨にひたれる『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』です。これでさえ17年前なんですね。

30周年の「ヨシュア・トゥリー」これから始まる場所への終わらない旅

f0182140_09552441.jpg
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-06-05 09:56 | diary | Comments(0)
<< カツさんに捧ぐ 恋の体当たり >>