ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

感覚の問題

 「どうして時間がたつのはこうも速いのだろう?」と思ったりする。とはいえ、物理的に速くなっているわけはないので、これは感覚の問題ということになる。

 週末、土曜日は2軍の試合を観に横須賀スタジアムへ行き、日曜日は馴染みのバーの店主の誕生日を祝った。その間に原稿を3つ書こうとしたら2つしか書けなかった。

 昔はもっとできた気がする。その気になれば、短い原稿を2つ書いて、昼に横須賀まで野球を観に行って、夜は馴染みのバーで日付が変わるまでお酒を飲む…なんてことは1日でこなせた気がする。

 つまり、物理的に言うならば、時間が過ぎるのが速くなったのではなく、できることが減ったのだ。原因は、体力・回復力・精神力の低下(あるいは老化)なのだろう。

 僕は歳相応でいたいタイプなので、もしこれが自然の摂理であるならば、喜んで受け入れようと思う。結局、昔の感覚でいるからいけないのだ。今の感覚を身につけよう。そうすれば、かつてのように時間がたつのが長く感じられ、心にもゆとりが生まれるはずだ。

 昨日は餃子を食べ過ぎた。これも昔の感覚でいるからだ。気をつけよう。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-07-11 07:07 | diary | Comments(0)
<< 間に合いますように ちっとも >>